スポンサーリンク

THE ALFEEの高見沢俊彦さんと言えば、そのギタープレイの凄さ、ミュージシャンとしての実力や作曲センスなどもさることながら、御年64歳にも関わらず相変わらずの美貌で「王子」と呼ばれていますね。

若いころから殆どルックスの変化が無く、マジで人間サイボーグのような凄い人です。

ギタリストとしてはかなりの変形ギターマニアで、多数のコレクションを持っているのも有名ですね。今回のナイトの勲章をいただいた記念に新しい高見沢オリジナルのギターを作る計画もあるそうですよ。

他にも最近では小説家としての一面もあったりという多才な高見沢俊彦さんですが、さすがに今回は緊張されたらしく

 駐日大使館・特命全権大使マンリオ・カデロ大使とポデスキ大臣から称号と勲章を授与した高見沢は「緊張します。こういう場は慣れているはずだけど、心拍数はマックスです」と笑み。


 続けて「非常に長くやってきて良かったと思っています。特に今年は45周年という節目の年。春からツアーが始まります。王子から騎士へ、自分にとっては信じられない。これをもとに音楽と小説と二刀流でやっていきます」


headlines.yahoo.co.jp

と語っています。

今回の勲章の授与は同国のマンリオ・カデロ大使と親交があり、メディアなどで同国の良さを日本にPRしたことなどが評価されたそうです。

 

“王子”の愛称で親しまれる高見沢さんは「身に余る光栄。王子から騎士とは、信じられません」と喜ばれたそうです。

高見沢俊彦さんが騎士の称号を受けたサンマリノ共和国とは?

サンマリノ共和国はイタリア半島の中部にある、西暦301年に建国された欧州最古の共和国で大変長い歴史があります。

その歴史は、アメリカ大陸がヨーロッパに知られる以前からと言われていますので、相当古い共和国という国です。

国の大きさは世界で5番目に小さく、東京の大田区や世田谷区とほぼ同じくらいの面積しかありません。周囲を全てイタリアに囲まれています。人口は33000人ほどですが、国として国連にも加盟しています。

また同国は中立国家で、軍隊もなく、建国以来、一度も戦争をしたことがないというのも凄いです。政治的にも中立と平等が重視されており元首である執政官が2人いるのが特長。

高見沢さんはその辺にも興味を示し「民主主義の根幹も感じた。それと国旗を見た時に3つの塔が描かれているから親近感があった」と語ったそうですね。

これはTHE ALFEEの3人組ということと重ねておられるのではないでしょうか?

こんなに小さいのですが、ちゃんと国家として長い歴史の中で独立性を保っているのが素晴らしいのです。

スポンサーリンク

現在はほぼイタリアの保護国のような感じで、言葉はイタリア語が公用語となっています。

サンマリノ共和国のGDPの半分以上は観光客からのものとなっていて、観光が主要産業と言えそうです。

THE ALFEEの高見沢俊彦さん、騎士の称号を知ったネットの反応は?

ナイトの称号はなかなかもらえるものではなく、高見沢さんも大変喜んでおられました、世の中の反応はいかがでしょうか?

たかみ〜の作る曲、ホントいい曲たくさんあるんだよねぇ
もちろんALFEEの3人が素晴らしいのは言うまでもない
古希と言わずに、ずっとずっとALFEE続くといいなぁ

サンマリノ共和国、初めて知った。
ヒステリックな隣国が多いから、こういう国と付き合っていきたい。

64歳でも、騎士!素敵です。いつまでも、応援してます。

しかし64歳には見えませんね。髪の毛もフサフサ、ミュージシャンって不摂生なイメージがあるけど、不摂生ではこうはならないですもんね。

騎士は王族じゃなくてもなれるけど、王子は王族以外ではなれない(婚姻という手もあるけど)のだから、“王子『から』騎士に”はちょっと変。

てか、日本のバンドメンバーを『王族』とか言ってる時点で変なんだけど(笑)。

とりあえず、たかみーは『王子』で『騎士』で、歳を取らない『妖怪』だということで。

などなど、みなさん高見沢さんの勲章授与がめでたいということだけではなくて、高見沢さんが若いとか年取らないとか容姿に関する意見も多かったですね。

THE ALFEEの高見沢俊彦さん、サンマリノ共和国から騎士の称号を叙勲まとめ

今回サンマリノ共和国から騎士の称号を授かった高見沢俊彦さん。ミュージシャンやアーティストとしてはもちろんですが、色々な事に詳しく、もし、ミュージシャンになっていなかったらおそらく英語の先生になっていたという発言もありますね。

バラエティ番組などで見せる人柄の良さもあり、育ちが良い感じと上品な雰囲気が、みなさんに好感を持たれている理由ではないでしょうか?

私もTHE ALFEEの曲や、小泉今日子さんなど他のアーティストに提供した楽曲を聞いてもいいなぁ~って思う曲は高見沢さんが作った曲だったりします。

御年64歳には全く見えませんが、今後もお体を大事にされてご活躍されることに期待してしまいますね!

スポンサーリンク