スポンサーリンク

アジアの様々な国から日本への留学生が増えているのは皆さんもご存知の通りかと思います。

最近では、そんな留学生を不当に安い賃金で働かせたり、留学生同士のトラブルで殺人事件が起きたりと、留学生が増えていくことで、様々な問題も起こっています。

来日されているアジアの留学生の中でまだ少数派と思えるブータンからの留学生でこの度契約トラブルで100人以上が騙されたと怒りをあらわにしているというニュースが流れています。

ブータン留学生契約トラブルで100人超が怒り。その契約内容とは?

ブータンからの留学生たちによりますと、現地の留学斡旋会社とブータンの労働人材省が日本への留学生を募っていて、その契約書には「2年間の日本語学校を卒業したら、年間460万円まで稼げる仕事をあっせんする」という契約になっているそうです。

この点で問題が2つあると思います。

一つはこのブータンの留学斡旋会社は民間企業ですが、それにブータン政府の労働人材省が絡んでいること。

もう一つは、日本語学校を出ただけで年収460万円が保証されているようなうたい文句になっていることが挙げられると思います。

いくらなんでも、学校出ただけで年収460万円って、日本でそんな仕事、日本人の私でもありつけないのではないでしょうか?

その時点で、かなり詐欺っぽいことは間違いないですよね。

こんなに簡単にお金が稼げるはずはないと思うのですが…

ブータン留学生100人超が契約トラブル。ブータンってどんな国?

ところでブータンってなんとなく聞いたことがあるくらいで、本当にどこにあるか知らない人も多いかと思います、私もはっきり場所がわかりません。すみません。

場所はこちらの世界地図をご覧いただくとして。

中国のチベット自治区とインドの間に位置し、王様が支配する王国で、立憲君主制を採用している。仏教徒が多く、ヒマラヤ山脈のふもとに位置している国で、主食は米、ブータンの風景は日本の田舎の田園風景と通じるものがあり、色々と調べていると親しみが持てる国なんです。

殆ど、ヒマラヤのふもとの盆地に国土がある国で、中国とインドという大国に挟まれながらも1400年位の歴史がある国なんですね。その間様々な国の支配があったり、内戦があったりとずっと平和でいられたわけではないのですが、今では国民の幸福度を測る尺度が国で決められていて、「世界一幸福な国」と言われていますが、実際のGDPはかなり低く

現在でもブータンの名目GDPは約20億ドル(2015年、国際通貨基金による)。調査対象となっている189カ国中166位と、世界でもかなり貧しい国のひとつであり、ブータンの大学卒業後の初任給は月額3万円ほどだということです。

スポンサーリンク

そんなブータンの留学生の人たちが今回、留学する際に1人当たり120万円ほどの借金をして日本に来ているそうです。

大卒初任給が3万円の国で120万円は大金ですよね。

40か月分の月給相当額ですからねぇ。

その留学斡旋会社のエージェントがとても悪質だと思いますが、日本はまったくこの件に関しては絡んでいないようですが、日本の印象も悪くなってしまいそうですね。

ブータン留学生契約トラブルで100人超が怒り。世間の声は?

この事件に関して日本の皆さんはどう考えているのか?ネットの声を拾ってみました。

日本語学校でN2は、取れないわけではないです。
通常の日本語学校であれば、他の留学生希望者もいるので、当然、N2やN1を目指して勉強している人も講師も揃えています。

「だまされた」と言っているけど、アルバイトを規定を越えてやっていたと思われる節もありますし、どこまでが真実か、は、よく確認したほうが良いと思います。

ブータンの労働人材省がどの程度関与していたのかは分からないし、騙されて日本に来た多くのブータン人は気の毒だと思うけれど これって基本的にブータン国内の問題なのでは?それとも日本の日本人学校が関与して集めていたということなの? 

事実関係を調べ、整理して報道してほしいと思います 留学生の方も規定を無視してアルバイトに精を出していたっぽいし 日本語学校で真面目に勉強すればN2やN1にも合格できるはず 前日に契約書を渡されたというのが事実ならそのやり方は大いに問題だとは思いますが 留学生の方にも問題があるのでは?

結局は日本の問題ではなく現地ブローカーの問題なのでは。
日本が無責任に民間の報酬を示して斡旋する事はないでしょう。
有ったとしたら結構大問題だ。

まあ日本としても引き受ける以上は責任を持ってもらいたいので
民間の闇業者に任せないで国家が明確な窓口を開いて
それ以外の処からは受け入れないでほしいな。
日本が必要なプログラムを提供して必要な分企業に送ればいいじゃない。

こういう余計な窓口が開くからトラブルになるのでは。
必要人員、募集人員を明確に示してその募集に応募する動線が有ればこんな事にはならないと思うけどね。
大体、日本人でさえのっけから400万円を超える
報酬をもらえる仕事って中々無いでしょ。話がおかしすぎる。そんなに資格や技術が有るんですか?って疑いたくなる。

いつも思うのですが、このような人たちが何故簡単に日本に来ることができるのか不思議です。入国時に受け入れ側に対して、何の確認もされないのかと…。

これで日本が恨みの対象になるなどはあってはならないことですので、迅速なる取締をしてもらいたい。

留学斡旋会社って日本の会社なの?

ブータンで、ブータンの会社(政府も?)に騙されたのなら、日本には責任はないよね。

それに、いくら留学前日とはいえ、契約書の内容読まずにサインしたわけだから、本人にも責任はある。大卒初任給が3万の国で、120万円借金するって、家を買うほどの大きな買い物じゃない。

で、騙された留学生の保護者は日本に来ているんでしょう?留学生は食べるのも困っているって報道があったが、親が交通費と滞在費かけて日本に来る費用を、少しでも本人の食費に回したらいいと思うけど。

今回の事件はブータンの留学斡旋会社が起こした事件の様ですので、日本の会社が関係しているとかではなさそうですが、これでは日本の印象が悪くなることはありそうですよね。

ブータン留学生契約トラブルで100人超が怒り。まとめ

今回の問題で、留学斡旋されて日本に来た人は延べ730人以上に上り、留学生の保護者ら500人が被害者の会を結成したとのことで、ブータンの親御さんたちも心配で大変でしょう。

今回の事件は日本の留学斡旋会社などが起こしたわけでは無さそうでしたので、安心しましたが、被害にあわれた方、本当にかわいそうです。

今年の4月以降、自民党の入管法が改正されて、外国人の労働者の受け入れがさらに増えてくることは間違いのないことですが、この流れにしたがって、外国人の日本への渡航や移住などに関する問題はこれからも増えていくことは間違いないでしょうね。

スポンサーリンク