スポンサーリンク

「ひろみちおにいさん」の愛称で有名なNHKのおかあさんといっしょの体操のお兄さんだったタレントの佐藤弘道さん(50)が自身のブログで

 

左膝内側の半月板が割れていことを報告しました。

 

ブログによると入院、手術をして今は無事に退院されたとの事でひとまず安心ですが、

 

 

半月板除去の手術って術後のリハビリや術後気を付けないと痛みが残ったり再発したりするので結構大変なんですよね。

 

 

いつも元気な印象のあるひろみちおにいさん。無事に元のようになることを祈っています。

佐藤弘道の手術詳細とは?左足の半月板を損傷し、半月板除去?

https://twitter.com/miku_monmon3939/status/1096693383232286721

佐藤弘道さんの半月板除去手術の詳細について、どんな手術なのか?手術の内容をご自身のブログでも詳しく語られていますね。

「メッセージにどんな手術なのか、手術後はどうなのか、色々ご質問があったので、同じような状況や膝で悩んでいる方もいらっしゃるようなので、私の状況をお伝えしますね。


MRIを撮って、半月板が割れているのが分かってからは、毎週のようにヒアルロン酸を打ってました。


今年に入ってから本格的に痛みを感じ、膝が動かなくなる「ロッキング」を起こしました。


こうなると、寝ていても痛くて起きることがほぼ毎日でした。


割れた半月板のかけらが膝の裏の関節に入り込んで、膝が曲がりきれない伸ばしきれない状態です。


手術は割れている半月板の除去術で、膝のクリーニングのようなイメージです。縫合術もありますが、こちらは復帰に時間がかかるので選択しませんでした。スポーツ選手で、まだまだ現役を続ける選手は縫合術の方がいいかもしれませんね。


手術の前日の夜から食事は出来ません。
飲み物は、朝の6時で終わりです。」

とのことで、佐藤弘道さんは今年に入ってから寝るのも大変なぐらい痛かったのですね。

人気者のひろみちにいさんですので、膝が痛くて大変な時もそんな様子も全く見せずにテレビなどに出演していたというわけですね。

手術は下半身麻酔を受け、1時間程度で終了したというが「脊髄に麻酔を打つので、術後は安静にしないと、そこから髄液が出てしまうので、気を付けるようにしてました 麻酔が取れてからは足首を動かして、血液の流れを良くしました」と書かれていますね。

 

脊髄麻酔をしてから手術を行ったのですね。

大掛かりな手術になるんですね。

 

 

 翌日からは松葉づえで歩くこともでき「長座をして手術をした膝の裏に丸めたバスタオルを置いて、そのバスタオルを押し付けるトレーニング」もスタートしたとのこと。

 

手術から2日たった6日に退院し、現在もバスタオルを使ったリハビリと膝を曲げ伸ばしする運動を続けているらしいですね。

 

 

手術から2日で退院できるということは、とても早く退院できたのではないでしょうか?

 

半月板の除去手術をして、ある程度回復するまでリハビリもこなさないといけないことを考えると驚異的なスピード退院ではないかと思います。

 

退院後はご自宅でリハビリ中との事でしたが、お仕事がお忙しいので休んでいる場合ではないのかもしれませんが、普段体を鍛えているから回復も早いのでしょうね。

 

佐藤弘道の手術詳細とは?入院している病院はどこ?

佐藤弘道さんの左ひざ半月板手術を行った病院はどこなのか?めっちゃ気になりませんか?

 

ということで

 

色々調べてみたのですが、残念ながら、現時点では詳細の情報が出てきませんね。

 

ひろみちおにいさんのツイッターなどから病室の背景は見えるのですが、それだけでは病院を突き止めることはできませんでした。

スポンサーリンク

 

 

佐藤弘道さんといえば、その爽やかなイメージから多くのテレビCMなどに出演されていますね。それで、フリーに転身後の1年目の年収が3億円との噂もありますよね。

 

そんなひろみちおにいさんのお住まいは都内の駅に直結したマンションで、3LDK(90平方メートル)の高層階の部屋。眺望抜群で、1億円近い超豪華物件という話ですので、都内の有名病院である事は間違いないかと思います。

佐藤弘道の手術詳細とは?ブログで公開。なぜ入院?ネットのコメント

佐藤弘道さんの左ひざの半月板除去手術について、ネットの声を拾いました。

今月手術しますが、自分は除去しないで、縫合術を選択しました。主治医は「まだ、除去する年齢ではない…」と言われましたが、このお兄さんと年齢は変わらないのですが…

割れている半月板ってことですが、記事読むだけで痛々しいですね。少しずつリハビリを頑張ってください。
年齢の割には童顔で、まだまだひろみちお兄さんですね。

わかります、私も30台で手術しました。手術前は痛くて痛くて、、、手術しても痛みはあるのだけど全然マシでした。

もう50歳になっていたのね?
まだまだ若く見えますよ。

お兄さん大丈夫ですか?
長年の蓄積でしょうね(汗)
見た目は変わらずですが身体は正直なんですね。
お大事にして下さい!

五十路にしたらやっぱり若々しいな。
身体を動かしてるか否かって年齢を重ねたら見た目年齢に如実に表れるな。

ということで、半月板の手術を受けたことがある人から、その大変さや同情の言葉がかけられていますね。

それから佐藤弘道さんが若々しくいられている様子にもみなさんの関心が集まっていますね。

今年で50歳という年齢を聞いて私もびっくりしてしまったのですが、
「ええ~!!50歳??」って思いませんでしたか?

とてもそんなお年にはみえませんねぇ。

佐藤弘道の手術詳細とは?ブログで公開。なぜ入院?まとめ

いつも若々しくフレッシュなイメージの佐藤弘道さんですが、御年50歳とは驚きましたね。

しかし、50歳でもぜんぜん老けて見えないのは凄いですね。

やはり、たいそうのおにいさんを10年以上にわたって続けてこられたのは絶え間ない努力があって体を鍛えてこられたのでしょうね。

今でも体操の動画などがありますが、あれみるととてもアラフィフとは思えない身のこなしはさすがです。

膝の半月板の除去手術は大変だったと思いますが、術前の痛みに比べたら術後はかなりラクになるようですので、ひろみちおにいさんも、毎日リハビリをされて早く良くなるといいですね。

スポンサーリンク