スポンサーリンク

堀ちえみさんがステージ4の口腔がんであることを公表して、今月22日に手術をされたとの事でしたが、その後の経過がご自身のブログで公表されました。

 

堀ちえみさんのご主人が公表された25日のブログによると。術後の経過は順調で

 

「今日の午前中に、ICUから一般病棟に、戻る事が出来ました。ICUスタッフの皆様には、本当によくして頂きました。心より感謝申し上げます」

 

と報告。

 

「今はまだ話す事は出来ませんが、筆談で会話も出来るようになりました」

 

と現在の様子を明かした。

 

お医者さんからも、心配していた浮腫みも少なく、経過は順調と言われたそうです。

 

 

11時間もの長い時間の手術をなさっていたあとなのに、凄い回復力です!

このまま順調に回復され早く復帰されるよう祈っています。

https://twitter.com/yhs2353/status/1098931142588133378

堀ちえみ癌の手術後の経過は順調。世間の反応は?

堀ちえみさんの口腔がんの発表は世の中に衝撃を与えました。今回術後の経過は順調との発表を受け、世間の声を拾ってみました。



「経過は順調」ということで、安心しましたし、こちらまでうれしくなってしまいます。一度「もういい」と思いながらも、子供に話をして「私頑張る」という気持ちに変わったとありましたが、子供を持つ親としてわかるような気がします。あなたの笑顔は周りの人を幸せにし、回復すれば同じ病気の人に勇気を与えるでしょう。今は家族を中心に、人から沢山勇気をもらってください。いつか返してもらいますから。



それだけの手術でもう筆談が出来るというのはとても経過が良いとも思います。


浮腫みも少ないとのこと良かったですね。
腫れる人は目が開かなくなるほど腫れますし腫れがひどいと苦しいですし後がとてもしんどいので。
 
ご家族もご本人もホッとしていると思います、後はリハビリをあせらず頑張って欲しいです。



昨年12月に口腔癌の手術をしました。口腔舌癌ではなくて口腔底癌でしたが、舌の根本を切除していますので、術後は同じ状況だと思います。


2か月はとにかく痛いです。あまりの痛さと流動食しか摂取できなく発音に苦労しました。今は舌に頼らない発音のリハビリでかなり相手に伝わるようになりました。術後は抵抗力が下がるので全身湿疹や便秘下痢に悩まされましたので注意が必要です。徐々に回復している喜びを感じるため前向きになってきたところです。とにかく2か月を乗り切ってください。



私も52才の時に、乳がんですが、経験しました。
手術の後に、やりたい仕事が控えていたのが、はげみで
落ち込むこともなく、早く仕事に戻りたい一心で、入院は
クリアしましたが、術前には、思ってもみなかった程に
体力が落ちて、駅の階段すら登れなかったことを思い出します。
 
一旦、全身麻酔をかけた身体は、これまでのようには
いかない面もあるけど、徐々に日常生活には戻れる
ので、マイペースで戻して下さいね。
いつまでも、みんな待っています。
それにしても、とても良い家族に恵まれましたね。
病気は、悪いことばかりではなく、様々な良いことも
人生にもたらせてくれます。
 
私は、50代で、大きな病気、手術を経験して、今は、
良かったと思えていますよ。

世の中の人たちも、堀ちえみさんのことを心配している声や、術後が順調で良かったという声が多かったですね。

 

それに加えて非常に多いなと感じたのが、自分も癌になったことがあるという声、自分自身も癌で手術をしましたという声の多さにびっくりしました。

スポンサーリンク

 

今や癌は二人に一人がなると言われていますが、癌を経験された人が意外に多いんですね。

 

自分も気を付けていかなくては?と同時に自分も癌になる可能性がある事を意識していかないといけないと思いました。

堀ちえみ癌、手術をした病院は?どんな手術をしたのか?

堀ちえみさんががんの手術を受け、入院したのは、舌癌の手術で実績のある自宅の近くの大学病院だと言われています。

 

堀ちえみさんがお住まいなのは東京都の文京区だと言われています。

 

自宅の近くで舌癌の実績のある大学病院というと

 

・東京医科歯科大学病院(東京都文京区湯島)

・順天堂大学病院(東京都文京区本郷)

 

になるのではないか?と思います。

 

 

 

堀ちえみさんの手術の内容については、旦那さんのブログによると

 

 

「先ず頸部リンパ節を取る手術を行い、

次に舌の6割を切除する手術を行いました。

そして最後に太腿の組織を取り、

舌の再建手術です。

11時間にわたる大手術でした。」

 

とあります。

 

堀ちえみさんの癌は舌癌と言われていますが、今回の手術は舌の切除だけではなくて、同時に転移が見られるリンパ節の癌の切除。それから切除した舌を再生させるために太腿の組織を取って移植する

 

という同時進行で行う大手術だったようですね。

 

 

とりあえず、手術は無事に成功したとのことですので、今後の経過が気になるところではありますが、再発せずに、無事に乗り切れることを祈りましょう。

堀ちえみ癌、口内炎からステージ4の癌になるの?その原因は?

堀ちえみさんの今回の癌については最初口内炎が治らず、何度か病院に行って診てもらったのに癌とわからなかったそうです。

 

その後現在癌の進行具合はステージ4とのことですが、年齢もまだ若く、細胞の組織が活発なうちは、かなり早い進行で癌が進むことも考えられます。

 

 

実際に初期の舌癌などは口内炎と間違われて見過ごされることがよくあるとの事。

 

口内炎であれば長くても2週間で粘膜が入れ替わるため、口内炎が2週間以上続く場合は病院に行って見てもらったほうが良いようです。

 

口内炎と診断されて処置を受けているにもかかわらず、2週間以上経過しても治らない場合、大学病院などの他の大きな病院を紹介してもらうための紹介状を依頼して、大きな病院で検査してもらうということも大切でしょう。

 

 

舌癌になる原因として、上げられるのが他の癌と同様に

 

タバコとお酒

 

それから合わない入れ歯や凸凹の歯並びなどで舌に慢性的な刺激が加わると舌癌になると言われています。

 

ステージ4の舌癌の5年生存率は45%というデーターがあるそうです。

 

堀ちえみさんも決して安心できる状況ではないですが、何とか癌に負けないでほしいです。

堀ちえみさん癌の手術後の経過は順調?まとめ

https://twitter.com/oricon/status/1098786959609286656

昨年の夏ごろ口内炎がなかなか治らず、歯医者さんに行って診てもらったという堀ちえみさん。そこから原因がわからず、癌であることが発覚するまで時間がかかってしまったそうですね。

 

11時間にも及ぶ舌癌の手術を行い、その後の経過は順調と伝えられています。

 

今月22日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演され、癌の闘病を決意したことをテレビで伝えましたが、その時に自らの病状について

 

「“一番進行している状態”と(病院の)先生から言われた。ご飯を食べるのも痛いし、しゃべるのも痛い。一番強い痛み止めを飲んでいる」

 

とMCの中居正広(46)らに打ち明けていました。

 

 

癌は術後の経過が心配な病気です。

 

まだまだ予断を許すような状況ではないでしょうが、今回の件でも堀ちえみさんは、本当に強い意志をお持ちのかただなと思いました。

 

 

堀ちえみさんの強さがあればきっと癌に打ち勝って復帰できるはずです!

スポンサーリンク