スポンサーリンク

分がどのような「時間」と「場所」で集中が高まるのか?

集中してハイパフォーマンスを常に出し続けられる人は、自分がどのような状態にあるとパフォーマンスが高くなるのか、という条件を知っています。

 

当然、その条件というのは人それぞれ違います。私の場合、自宅の書斎で夜仕事をするのが集中出できる条件ですが、最近の職場環境の変化により、テレワークやフレックスタイム、フリーアドレスな働き方は多様化しています。そのために、質の高い仕事ができる時間や場所などもさまざまになってきています。

自分にとってどのような時間や場所で集中力が高まるのかという事を知っているだけで、集中がしやすくなりますが、そのためには様々な角度から自己分析をする必要があります。

人間が集中できる時間は1日どれくらいなのか?

人によってものすごく集中力がある人と、集中力がない人がいるように思いがちですが、人が1日に集中できる時間は4時間程度だと言われています。ほかに人によって集中できる時間帯は異なります、一般的には朝型の人と、夜型の人がいると言われていて、これはある程度遺伝の要素が強いと言われています。

 

4時間しか集中できる時間が無いというのは意外な感じでしょうか?しかし、実際に自分の経験で考えてみても集中できる時間はあまり長くなく、それを超えると脳が疲れてしまって、集中力が途切れてしまう感覚があります。

 

実際に調べてみるとほとんどの人が朝型の人になるそうですが(遺伝子検査サービスMYCODE調べでは日本人の97パーセント以上の人)自分の特性を知るために、こういった遺伝子検査サービスなどを受けてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

いずれにしてもこの1日4時間しかない集中できる時間をどのような時間帯で分配するかという事が大切です。

自分の「集中日」や「集中時間」を設定する

人の集中力は時間だけではなく、曜日によっても差異があるという事が調査で分かってきています。

 

曜日では日曜日がもっとも深い集中状態となって、金曜日と月曜日。つまり、休み前と休み明けの日が集中力が低くなっているという調査結果が出ています。

 

確かに週末が近くなる金曜日には疲れがたまっていて集中力が低くなっている感覚があります。逆に休み明けの月曜日も、なんとなく仕事への集中力が発揮できていない感じがしますね。

 

どの曜日が一番集中に向いているのかは人によって違いますが、集中系の仕事が向いている曜日、コミュニケーション系の仕事が向いている曜日などの特性が解れば、仕事場所をその曜日に合わせて変えていくなどの工夫が出来ます。自分が何曜日に比較的集中できるのか、自分で意識してみるのも良いでしょう。

タスクによって集中するための場所を変えてみる

どの場所が集中できるのか?ということとともに、「場所と頭の使い方の種類を関連付ける」という事が大切です。

 

なぜなら、人間の脳はこの場所は何をするところ、と決めつけてしまう習性があるそうです。つまり、同じ場所でいくつもの違ったタスクを処理しようとすると脳が混乱して集中力が途切れてしまうそうです。

 

この現象は、逆に「場所ごとにやるべきタスクを決めておくことで、その場所に来た時にやるべきことに集中しやすい状態を作ることが可能」ということになります。

 

例えばアイデアの発送の際は、電車の中や車の運転中などにして、企画やプレゼンの資料作成は自宅でするなどの場所とやるべきタスクを紐づけると、集中がしやすくなります。

 

そうすることで脳の集中状態を素早く上げることができるため、非常に便利な方法と言えます。ぜひこのタスクとそれを集中する場所を紐づけするという事を意識してみてください。

スポンサーリンク