スポンサーリンク

元本保証を約束し違法に金を集めて、出資法違反の疑いで家宅捜索を受けているケフィア事業振興会。

 

昨年9月に東京地裁に破産申したてをした。ケフィア事業振興会ですが、その時の負債総額はなんと1053億円!!債権者は3万人以上にものぼるということです。

 

それにしても1053億円もの資金を集めることが出来たのは凄いことですが、やってることは主に老後資金の心配をあおって出資させる、オーナー商法の詐欺といったところです。

 

出資法違反となれば巨額の被害総額になるため、警視庁が捜査をしていた矢先にケフィア事業振興会の最高幹部の一人でもあり、代表の長男でもある、鏑木武弥氏が東京都内の自宅マンションで死亡しているのが13日見つかったそうです。

 

現場の状況から、自殺とみられているそうですが、今回のケフィアの事件に対し、昨年の末に被害者たちはケフィアグループ被害対策弁護団を結成して、1億7567万円の支払いを求める訴訟を提起をおこしていたところでした。

 

しかし、ケフィア等の代表取締役である鏑木秀彌氏、かぶちゃん農園等の代表取締役である鏑木武弥氏ともに、被害者の前だけでなく、人前に一切出てきておらず、事件の経緯の説明などもなされていませんでした。

 

そんな状態で、昨日自宅で亡くなっていたという事になります。

ケフィア代表の長男、鏑木武弥氏が自殺?に関して世間の声は?

さて今回の鏑木武弥氏の自殺?に関して世間はどんな反応をしているのでしょうか?


もう逃れられないと思ったのか、被害者への罪の意識か。
どちらにせよ、最終的に死を選ばざる終えなかったのだろう。
自らまいた種とはいい、追い詰められて苦しい心境だったんだろうな。
 
会社が傾きかけた時に、どうして清算しなかったんだろう。
高い配当金をエサに金集めしたところで直ぐに破綻し、事件になることは目に見えてたはずなのに。


…と見せかけての他殺でしょう。
闇が深過ぎる。


テレビで見た長男はかなりイキっていたね。とても自殺するとは思えない。父親も結果を受け入れざるを得ない状況なのだろう。


人様を騙して大金を手しても、幸せになれなかったんだね。
息子を失った主犯格の父親はどう思ってるのかな。



単なる自殺で済ませられる話ではないよね
これは闇が深い
しっかり捜査しないと

と、鏑木武弥氏に対する批判が大半ですが、自殺じゃなくて、これは他殺なのでは?とか本当は自殺に見せかけた殺人じゃないか?などという闇の深い話もちらほらでていますね。

ケフィア代表の長男、鏑木武弥氏が自殺?ケフィア事業振興会とは?

ケフィア事業振興会とは鏑木武弥氏の父親である鏑木秀彌氏が立ち上げた企業で、東京千代田区に本社を置き、主に食品や清涼飲料水、果実飲料などの通信販売事業を行っている会社です。

 

食品などの通信販売事業も行ってはいましたが、売り上げの主なものは、「オーナー制度」や「サポーター制度」と名打った、投資による資金集めで、何しろ。

 

ケフィアの加工食品のオーナーになれば、元本を保証したうえで、半年で10%前後の利子をつけて配当するなどととんでもない高配当をうたい資金集めをしていたようです。

 

その被害者の多くは老後の資金の不安などから、出資してしまった高齢の女性が多いそうですね。来が心配なご老人を狙って詐欺をはあらいていたに等しいです。

 

許せませんね!

 

 

そうやって、たくさんの人から資金画を集めて12年7月期に44億円だった売上高は、65億円(13年)、228億円(14年)、461億円(15年)、722億円(16年)、1004億円(17年)と、急増したというわけですが、実際のところは、集めたお金を配当金にあてていたわけですので、文字どおり、自転車操業だったわけです。

 

そのため、平成29年の後半頃から配当が滞るようになって、資金繰りが上手くいかずに昨年9月に破産手続きに入るわけですが、その直前まで、出資者を募っていたそうですので、よくある話ですが、悪質極まりないですね。

ケフィア代表の長男鏑木武弥氏のかぶちゃん農園とは?経歴や顔画像

今回自殺したとされる鏑木武弥氏の経歴はこちら(写真左、右側の男性は父親でありケフィア事業振興会の代表鏑木秀彌氏)

 

 

1968年01月12日生まれ(51歳)

 

東京都府中市出身

 

立教大学法学部卒業

 

元出版社社員

 

海外青年協力隊に入隊しパラグアイ派遣

 

パラグアイから帰国後に長野県飯田市に移住

 

2005年にかぶちゃん農園株式会社設立

 

 

 

 

鏑木武弥氏は大学の時に農業に興味を持ち、そのかんけいで農業関係の出版社でサラリーマンをしていました、その後いくつかの農家で研修を得てから海外青年協力隊でパラグアイに派遣された経験があり、かなり真剣に農業にとり組んでいたようですね。

 

鏑木武弥氏が扱っていた市田柿は非常に有名ですし、農園を持っていて柿を自分の会社で栽培して干し柿にしていたくらいですので、干し柿に関しては相当なこだわりを持っていたようです。

 

かぶちゃん農園の干し柿は値段は高めですが評判は割とよかったようです。しかし、商品を購入すると後日出資金募集などの案内が届き、不安という声が何件か上がっていましたね。

 

 

かぶちゃん農園はケフィア事業振興会のグループ会社の一つです。今回の事件で警視庁の捜査対象にもなっています。

ケフィア代表の長男鏑木武弥氏が自殺?かぶちゃん農園元社長?まとめ

巨額の出資法違反事件として去年から話題に上がっていたケフィア事業振興会の事件ですが、とうとう自殺者が出てしまいました。

 

自殺したとされる、鏑木武弥氏だけでなく代表の鏑木武弥氏も事件発覚後一度も説明を果たしていませんし、噂では大物政治家も絡んでいるとか?金額も1000億円を超える出資金を集めたとてつもない投資事件となっています。

 

このままではまだまだ終わりそうありませんし、裏にはもっと大きな闇が控えているような気もしますね。

 

 

今後もこのケフィア事業振興会の出資法違反事件は注目です!

スポンサーリンク