スポンサーリンク

 3月27日にNIKKEI STYLEが報じた記事「GAFAに人材流出防げ NTTコムの新キャリアパス」が、波紋を呼んでるようですね。記事最後に書かれた「押しかけラグビー」の部分が

NTTコミュニケーションズでは「職場に突然、ラグビー部員がわーっと入っていって、社員にボールをパスしたり、体を動かしてもらったりする」という部分が本当に仕事中に会社のラグビー部員が入ってきてタックルやパスなどをしてくるというように解釈されてしまいかねない感じとなっています。

「仕事中にラグビーボール投げてくるな」「地獄か」という批判的な声や「そんなことは行われていない」「デマである」という意見までさまざま。

確かに元ネタの記事を読むと業務中の会社のオフィスでラグビーが始まるんじゃないか?
という解釈になりそうな話が掲載されていました。

NTTコムデマ否定。仕事中にラグビーボールが飛んでくるの??

NIKKEI STYLEの記事は、近年日本のIT企業では若手の人材がGAFA(Google、Amazon.com、Facebook、Apple)に流れてしまうことが多いなか、NTTコムではいかにして自社にとどまってもらうための施策をしているか取材したものだったのですが、

その中の最後の話の中で、取材に応じていたヒューマンリソース部の部長が会社のラグビー部の部長も兼ねているという事でラグビー部の「シャイニングアークス」と人事の仕事がつながる部分があるという事で、語られていました。

その記事によると「押しかけラグビー」は2018年から始まったもので、反響があり、NTTファシリティーズやNTT西日本営業部などにも呼ばれて行ったそうです。

目的としては、体を動かすことが健康経営につながるほか、会話が生まれるなどの効果が考えられるとしています。

社内のコミュニケーションの向上のためにも良いアイデアとしていて、行われていることで、仕事中にラグビーボールが飛んでくるとか、そんなことはないそうです。

これには、NTTコムに勤めるエンジニアが「周囲でそんな体験をした人は誰もいなかった」とするブログ記事を公開。記事を読んで不安になった内定者や就活中の学生は安心してほしい、と呼びかけているのだそうですが、なんだかとんだ大騒ぎになっているような気がしますね。

NTTコムデマ否定。NTTコムのラグビー部シャイニングアークスとは?

NTTコミュニケーションズのラグビー部は40年以上の歴史があり、社会人ラグビーの中でも結構な老舗チームです。以下シャイニングアークスの説明です。

ジャパンラグビートップリーグ(トップリーグ)は、社会人ラグビーの全国リーグ。国内で行われる15人制ラグビーの最高峰に位置づけられるリーグだ。参加する16チームは、すべて企業を母体としている。プロ契約を結ぶ選手もいるが、社員として、社業と並行して活動している選手もおり、その意味では完全なプロリーグではない。

「シャイニングアークス」がトップリーグ昇格を果たしたのは2009年のこと。同チームは、1976年に発足した当時のNTT東京支社ラグビー部をルーツに持つ。NTTの民営化など、いくどかの組織変更を経て、1999年にNTT東日本ラグビー部に。2007年からはNTTコミュニケーションズラグビー部として活動している。

ということで、選手の中にはNTTコミュニケーションズの社員の人もたくさんいるようですね。

NTTコムデマ否定。人材流出防止に押しかけラグビー。世間の声は?

このNTTコミュニケーションズの人材流出防止策について世間の声はどんな感じでしょうか??

スポンサーリンク

元記事を読んでみたけど
とてもGAFAへの人材流出を防げるとは思えませんでしたね

NTT Comは、同じくNTTの子会社であるドコモやデータと比較して勢いに欠けています。
職場にラグビー部を召喚するよりも、もっと他にやるべきことがある気がしてなりません。

『キャリアパスの多様性』と言っているのに、ラグビー部乱入をハイライトしてることに矛盾を感じます。押しかけよりも、まず聞きとることのほうが大事かと。

偏見かもだが技術者ってギーク的な人が多いでしょ。
それが変なテンションの如何にもジョック的な行為を押し付けられたら、不快感しか覚えないんじゃないかな?
これも偏見だけど、ギーク的な人ってサッカーの長友佑都みたいなタイプが一番苦手そう。

そらプロ選手がガチでスクリュー投げたら怪我するヤツおるやろけど、そんなん無いワケで。
楽しくてええやん。
と、元ラガーマンの俺が言ってみる。

アメリカのアップルとかグーグルが聞いたら、失笑しそう。
日本はもうITでは、凋落するしかないね、無能の上層部ばかりだから、青色LEDの時の問題は何も解決していない。

別に他社の人間や関係ないやつがやいのやいの言う必要ねえじゃん
馬鹿じゃねえのwwwって思ってればいいことでしょ
そこに務めてる人間なら文句言うのも不満の意を表明するのも有りだけどね
当事者でもない奴らが会社にクレーム入れたりするのは筋が違う

うーん。私もこの会社の趣旨がいまいちよくわからなかったですね。多様なキャリアパスや人材の流出防止とラグビーの体験とどう関係性があるんだろう?

NTTコムデマ否定。人材流出防止に押しかけラグビー。まとめ

ということで、今回のNTTコミュニケーションズの「押しかけラグビー」のお話ですが、実際は会社内のコミュニケーションや、地域の人たちとの交流をはかったりすることを意図として、もともとラグビー部だった社員の方たちが発案して始めたことのようですね。

なんかネタ的に広まってしまって、社内でも大変なことになっているようでしたが、別に会社で勤務しているオフィスにラグビー部がどかどか乗り込んできてパスとかタックルとかするわけじゃありませんでしたね。

まぁ~しかし、ネットで色々な意見が上がっているようにこれが優秀な人材を他のGAFA(Google、Amazon.com、Facebook、Apple)などの外資系のIT企業に流れないための抑止のための政策のような感じには到底ならないような気がするのは私だけでしょうか?

なんか、むしろ若手のエンジニアとかの中にはこのノリが嫌いな人も多いのでは?

それでしたらこの「押しかけラグビー」って逆効果なんじゃないでしょうかねぇ?

スポンサーリンク