スポンサーリンク

なんと、旅客機の行先を間違えて到着してしまうという凄いハプニングがあったそうです。

しかも、間違えたのは国内線ではなくて、国際線です。

普通に飛行機に乗っていたら予定していた国と別の国に行ってしまったとかってなかなかありえませんよね。

ええ~っとびっくりしてしまうようなニュースですが事実のようですね。

英ロンドンを出発してドイツのデュッセルドルフへ行くはずだったブリティッシュ・エアウェイズの旅客機が25日、行き先を間違えてスコットランドのエディンバラに到着してしまうハプニングがあった。

とのこと、でここにその飛行機に乗っていた乗客のインタビューがありました。

この便に搭乗していた乗客のジョフィア・ザボさんはCNNの取材に対し、窓の外に見慣れたドイツの都市ではなく、山が連なる光景が見えた時点でおかしいと思ったと話す。
「降下を始めると、丘陵や山脈が見えてきた。オランダ東部やドイツ西部がこんな風に見えるはずはないと思ったけれど、多少迂回(うかい)したのかもしれないと考えた」「同僚に言われてグーグル・マップをチェックしたところ、自分たちがカーライル(英国の都市)の近くにいることが分かった

ってそりゃ、乗客の気持ちになったら焦りますよね。
外の風景見てたらわかりそうなものですからね。明らかに違うところに飛んで行っているのが。

そこで、また面白いのが、この飛行機が間違ってエディンバラに着陸した同便は、そこから再び飛び立ってデュッセルドルフへ向かったということですが、そのさいに、

着陸後、乗員が乗客に対し、デュッセルドルフへ行く人は手を挙げてくださいと呼びかけると、全員が手を挙げたという。

って(笑)
当たり前だろう~!!ってかんじですよね。
もともとエディンバラに行きたい人なんか一人も乗っていないんだから。

逆に、あ、エディンバラでいいです。なんて人いたら驚きますよね。

さらにイギリスの人たちっておおらかだなぁって思ったのが

ザボさんによれば、ほとんどの乗客はこの間違いを面白がり、電話で事情を話して信じてもらおうとしていたという。

って、本当ですか?
ヨーロッパの人ってたしかにこういうところありますよね。


日本だったらどうだろう?笑い話じゃ済まされないでしょうね。
クレームの嵐になるし、国土交通省とか、お役所のチェックが入りますよ。絶対に。

旅客機行き先ミスの原因は?航空会社はどこ?

この行き先間違えの原因は、どうやら提出された飛行計画が間違えていたようですねぇ

原因は、誤って提出された飛行計画にあった。操縦士も客室乗務員も、同便がエディンバラ行きだと思っていたという。


この便はドイツのWDLアビエーションが、ブリティッシュ・エアウェイズの子会社BAシティフライヤーから委託されて運航していた。間違った飛行計画はドイツにあるWDLアビエーションのオフィスで提出されていた。

とのことですが、普通に間違えていても飛んでいて誰一人気が付かないでしょうか?


普通だれか気が付くだろう?って思いませんか?目で見ながら飛んでいたらさすがになんか雰囲気が違うということに気が付きそうなものですけどねぇ…

ってことらしいですけど、そんなんでも飛行機って離陸してしまえば、自動操縦みたいなものだから運転できてしまうのでしょうか?

それにしても怖くないですか?

ちなみに今回行先ミスのあった航空会社は海外のブリティッシュ・エアウェイズです。まぁ~さすがに日本の航空会社ではありえないと思いますが。

旅客機行き先ミスの原因は?ネットの反応まとめ

今回のこの旅客機の行き先ミスのニュース。様々な意見が出ています。

スポンサーリンク

ほとんどの乗客はこの間違いを面白がり、電話で事情を話して信じてもらおうとしていたという
素敵な方々ですね。

国まで間違えられたら笑うしかないか。。


「世界が仰天」にそのうち流されそうだなw

>ほとんどの乗客はこの間違いを面白がり、電話で事情を話して信じてもらおうとしていたという。 

心に余裕があっていいね。

時間のない人はたまったものでは
ないと思うけど。

時間に余裕のある人には珍しい
旅行体験になりましたね!

フライトプラン間違っているなら目的地行きのクリアランス受領するときに気付かないのかな。

電話で事情を話して信じてもらおうとしていたって言っても相手はほとんど信じないような気がする。

もしその時に手を挙げなかったら
スコットランドで降りることが
できたのだろうか?

もし私が気まぐれな旅をしていたならば
手を挙げなかったかも知れない

しかしチケットがフランクフルトになって
いるし規定どおり降りなければならないから
難しいのではないか

もし仮にそこで降りられても
クル―や航空会社の
セキュリティ面での問題とか
様々追求されるだろう

イギリスでもイングランドからスコットランドだから国内線となるが体制が違うから国際線みたいなものかもしれない。だが国を間違うこと自体は大きな問題と思う。シェンゲン協定の国だったら後は代替え交通手段あるがそうでないと入国審査が絡むことになって面倒になる。せめてシェンゲン協定の国であればと思う。イギリスはシェンゲン協定に入ってないし。

さらにエデンバラでいいという人は目的地でないのでいないでしょう。エデンバラでいいなら最初からスコットランド方面行きに乗ります。

ドイツ在住です。

キリスト教文化圏には、自身に問題でなく不可抗力で起きた小さい災いを神様のイタズラとか、天使のイタズラと言ってしまう人が多いので、心にゆとりが出来てます。

神様も天使も少しだけ可愛らしさを持ち合わすので、楽観的なものの見方をらできるのだろうと思ちます。

まぁ~さすがに行先を間違えて他の国に行ってしまうってどうなの?って感じですよね。そこで笑っていられる乗客のみなさんのおおらかなこと。

心が広いってこういうことでしょうかね?
我が国だったらきっと大問題になって、賠償請求とか凄いでしょうね。

旅客機行き先ミスの原因は?航空会社はどこ?国を間違える?まとめ

私も、今回の件は何度か海外の航空機を利用したことがあるので、わかるような気もしました。

航空機の登場の際の荷物などは行先の空港と違う国に飛ばされてしまい、翌日まで手元に戻らないという事とか何度か経験しています。

普通、その飛行機の機体の下の部分に機内持ち込みできない大きな荷物とかを入れるだけなのだから間違いなさそうなんですけど、他の国に行く飛行機にのせられてしまって、到着しても荷物だけ来ないとか、たびたび経験しています。

まぁでもさすがに飛行機の行先を間違えるってどういうこと?って感じですよね。これはもし自分だったら、さすがに笑えないですよ。

いやいや、凄い話やなぁ…

スポンサーリンク